とことこ保育

人生で間違いなく大切な乳幼児期

言語について

f:id:mekabu6256:20180813002400j:plain

 

現地の方が来日されて、私と一緒に採用された日本人保育士さんとmeeting。

現地の方も交えたmeetingの後に2人で振り返りとすると、まあ言ってることが合わない(笑)

 

「えっ!Working VISAとResident VISAは入国したらもらえるって言ってましたよね?」

「あれ?入国して書き換えが必要って言ってませんでした?」ってなカンジ。

 

もちろん!そのあときちんと確認しました。でも英語ってそのレベル。ここで止まってたらいけないけど、英語が話せるっていうレベルは日本人が思ってる程高くない。堀江貴文の英語の多動力に載っていた、

 

実践を超える勉学は存在しない

走りながら英語身につける

 

は、すごく共感した。

 

私が行く予定の国は、英語も公用語という扱いになっているが、実際には第二言語であるため保護者・子どもの中には私たちと言葉を介してのやりとりができない人がいる。保育をしていると言葉に頼ることがほとんどで、だから「よく聞いてね」「今は先生がお話する時間だよ」みたいな声かけが発生するが、そのツールが利用できない場合どうなるか。

 

正直、言葉を通して伝えるよりもシンプルな気がしてわくわくしてる。子ども達がどういう手段を使って意思を伝えようとしてくるのか、それに対してどう返していこうか、そういう環境下で先生の言ってることを理解しようと前向きになった時、どんな変化が起きるのか。

 

よさこい仲間でドイツで2児の子育てをする方も2か国語を習得させることについてたびたびFaceBookに載せていて、面白いことに、覚えている日本語は名詞が多く、自己主張をする言葉はドイツ語が多かったそうで、周りの環境から学んでコミュニケーションの中で多く使っているからではないかという考察でした。そしてバイリンガルは自然と育つものではない!も断言しておりましたー。心に止めときます。ウエンツ瑛士さんを攻めてはいけない....

 

世界で一番楽しい学校!

f:id:mekabu6256:20180802221551j:plain

f:id:mekabu6256:20180802221556j:plain

仕事終わりに舞浜まで行く価値は絶対あった!

 

昨日、SA-CUS 世界で一番楽しい学校』に参加してきました。アイリッシュ音楽と虫のさえずりが聞こえるこの空間。とっても居心地が良かった。

 

キングコング西野亮廣さん、オリラジの中田敦彦さん、ビリギャル著者の坪井信貴さん、日本元気塾長の米倉誠一郎さん、ゴッドタンプロデューサーの佐久間宣行さん。

 

それぞれの授業が面白すぎた。大人になってからの学びはより楽しい。

 

 

初めて保育園へ面接に行った時、まったく異なる分野に特化していた私のキャリアはマイナスだと思ってたけど。『教育業界には異業種が必要だ。教育はいろんな組み合わせでてきている』という当時の理事長の話を聞いて、すごくインパクトがあって今でもよく覚えてる。

 

そして昨日サーカスに参加して、米倉さんの話を聞いて、この考えがイノベーション!と気付いた。

 

イノベーションは新しい組み合わせ。現状を創造的に破壊して、新たな経済発展を導く。普段何気なく接しているものの中からイノベーションは見つけられるんじゃないかって。難しく考えていたゴチャゴチャが整理されたように感じた。

 

 

そしてゲストの間に展開される西野さんのトーク。信用と有名を軸にしたお金の話とかすごく面白かった!あと天才の作り方の話!

 

保育業界は元から信用ありきで成り立っているけど、それでもまだこの流れで変えられる部分は多いなと。

 

たとえばお母さんお父さんが子どもを預ける保育園を選ぶ時、良いところだけを話す園と、ネガティブでも他園と異なる点を話してくれる園とどちらの信用が高いのか。

 

食べたこともない商品をおいしいとCMで言う芸能人と、炎上することもあるが物事にきちんと意見をつける芸能人と信用度が高いのかどちらか。

 

保育サイトを見ると、実際園に子どもを通わせている保護者からの意見を閲覧するには会員登録が必要だの言っているところもあるけど、もし園自身が園の見学で、自園の良し悪しを語ったら、その意見は保育サイト上のコメントとは別の価値を持つようになって、保育者からの信用を得る点でとても優位になる。だから、あの園はそうなのかぁーとか、認定園が休園日にも園の施設を解放している取り組みも信用と有名というこの軸の中に収まるのかとかボーッと考えた。

 

 

才能の正体というテーマで授業をしてくださった坪井さんの内容も子ども達と接する上でとてもためになる講義だった。

 

才能はメンタルが9割。扁桃脳と前頭葉の話。どんなことにも多面性がある。

 

床に置かれた板。250m上空に置かれた同じ幅の板。その上を歩けと言われたら、まったく同じ行為なのに、大半の人は前者ができて後者ができないのは何故か。

 

はーっ。頭がいっぱい。

 

ユルさと具体性

f:id:mekabu6256:20180728214653j:plain

 

最近、更新できておらず....ちと反省。

 

さて。今月に入り近々始める新しい仕事場での準備が本格化してきました。

実は11月からまた海の渡って海外の保育園で働く機会をいただきました。

 

その準備の一環でMonthly Plan(月案)を作っているのですが、

日本の保育所保育指針に基づいた月案例とかを参考にすると

まったく通らない!!

 

たとえば「新しい環境に慣れ、生活の流れを知りながら安心して園生活を送る」

って文章を英訳して送ると「で、具体的に何するの」「実践的ではない」と

コーディネーターの方を通じて教育省から突っぱねられてしまう

 (↑ここのやり取りが最近一番のストレス 笑)

 

たしかに考えてみると、日本のは言い回しがかなりざっくりしているなと。

私も、月案では5領域等に基づいて概要をまとめて、週案や日案で具体的に落としていくみたいなやり方をしていて、天候や行事ごとに合わせてフレキシブルに組み替えてよいような余白があったけど。今回の場合は、月案の時点からより具体的な例を挙げて週案、日案ではそこからより具体的な活動内容に落としていくという、ある意味日本よりもキチキチしているように感じた。

 

の割に、いざ現場へ入ると日本の方が時間通りで海外の方がユルいのでなんだか笑っちゃう。ま、いろんな教育メゾットや形式があるから統一されたものでもないし。日本の中でも異なるので実際比較はできないんだけど。行ったこともない土地の文化やそこに住む子どもたちの姿を予想しながら月案作るってオイッ!だけど。

 

とりあえずいい感じの緊張感と期待感でいっぱいです。

準備期間中に現地の日系保育園にもお邪魔させていただけることになったので、先生方を質問攻めにしなくては。

 

うしっ。

 

 

嬉しい出会い

 

先日参加した保育フェアのことをシェアしました。

 

彼女と出会ったのは、"保育の専門性を高める会 -Education Journeyー ICT化&働き方改革”というセミナーでのグループワーク。柔らかい人柄に惹かれて 後日お会いすることに。

 

彼女が働くのは、海と山が近くにあり、登園して朝の会の後は海に直行して遊ぶ、山へ出かけるという森のようちえんを実践する保育園。

一方私の勤めるところは、体操や音楽の時間などプログラムが組まれていて、子どもたちと話し合って順番を変えたり、内容を変えながら行う謂わゆる教育を重視した保育園。

 

まったく違う環境で子どもたちと過ごしているけど、保育フェス内容や日々の保育を話す中で共感できることも多く、 12歳児の話は思わず頷く場面が多々。違う環境下での保育をシェアする中で「やっぱり!」や「ですよねぇ」がとっても嬉しかった。

 

いろいろお話をさせてもらう中で、子どもたちに身につけて欲しいものに”自分で考えて、決めて、行動する 自立心” があがった。

 

この力を養うために、この保育は良い悪いということではなく、子どもたちがそれぞれ、自分の育った園生活を幻影風景に力強く立って欲しいなと。異なった風景を持つことでそれが、助け合うことや多様性を認めることに繋がる。やっぱりいろんな世界の保育やメゾットを知るって面白いなぁと心底感じた日でした。

 

最後は、彼女の保育園が発行する種付きのフリーペーパーをいただきました♪これまた心がほわっとする素敵な出会い。

 

 

そしてこんな貴重な出会いをいただいたイベントはこちらから。

www.aurorajourney.com

保育フェス TOKYOに行ってきました!

f:id:mekabu6256:20180711002644j:plain

 

ちっちゃいなぁ。

浅いなぁ。

と自分の見つめることができました。

 

いや。ネガティブじゃないですよ笑

めちゃくちゃ楽しかったです。

 

 

心と身体を自ら育む=生涯教育『食育』

みりん風調味料とみりんをテイスティングして感じた違い

 

世界の保育と日本の保育

precise ⇄ rough のせめぎ合い

 

60桁の数字を30秒以内でスパルタ伝言ゲーム

 

『保育士不足とか虐待とかばかり取り上げられるけど、保育ってそういうものだけじゃないじゃないですか』という主催者の方の温かく紡がれる言葉

 

 

素敵な熱量。熱い中にもしっかりとした芯があって、聞いていて気持ちがウズウズ。

 

登壇する方々を見ながら、私だったらどうやってこのトピックについて話すだろうとか考えてみたけど、まだ何も見えてこなかった。頭の中がぐちゃぐちゃ。

 

自分が主語になって"やりたい"ことがほとんどで、それを発信する、伝えようとする気持ちが弱いなぁという自己分析にもなりました。今自分が置かれている状況に頼りすぎてる。まだ何もしてないのに。危ないあぶない。

 

今日登壇した方々のような熱量が欲しい。学生さんたち羨ましいすぎる。

 

このイベントの後に、正式なLetter of intentが送られてきたのは単なる偶然ではないはず。さぁ動き続けよう!

 

 

雨にも負けず

暑い....

暑いなぁ....

 

もう最近は口開くとこれしかでてこない(笑)

 

熱中症危険・警戒情報が発令されたので、日が傾くまでは室内で、と子ども達のための判断だったんだけど、子どもたちは『外行かないの?』『日陰で遊ぶから』とそんな配慮はNo Thank youという感じでした。ははは。

 

どんな気候でも、とは言わないが私がカナダでお世話になった保育園では、雨の日も雪の日も基本的に外遊びをすることが推奨されていた。気温がマイナスになることが日常的な冬場でも、スノーブーツ、スノージャケット、グローブ、マフラー、帽子を着込んで外遊び。1歳児も頑張ってこのフル装備を自分たちで着用していて驚いたのを今でも覚えてる。

 

写真のこの日も気温はマイナスだったと思う。

f:id:mekabu6256:20180702230520j:plain

 

着ぶくれして動きづらくて、グローブをしているせいでなかなか思うような動きができない中でも一度外に出ると楽しそうに遊んでた。

 

後に、フィンランド等でも寝袋に包まって戸外で午睡をしていることを知り、戸外で過ごすことの重要性の認識は世界共通なんだなぁと実感。

 

 

さて。今週末は楽しみにしているイベントが♪

www.hoikufes-tokyo.com

 

スタッフの方から今日も熱いメッセージが届いてました。今週はこれを目標にがんばれそう。

 

 

Rainy season went by and heatstroke warning's been come out more than 5days in a row. We've tried to stay children inside to prevent heatstroke but most of them said "Can I go outside to play??" "I'll be in shady place" they didn't want us to stick them inside at all lol.

 

when I was in Canada. Children's encouraged to play on the outside,even if it's rainy day or snowy day. They bundle up a lot, like  snow boots,  snow jacket, gloves,hat,scarf etc.

these things actually disturbed them to play however once they went outside enjoyed playing a lot with friends.

 

After I've known the way to take a nap in Another coutries like Finland,German.(Children ring their own sleeping bag and nap on  outside), I noticed how strong a relevance between nature and children.

子どもの気づきは忘れた頃に。

 

小学校の時、

 

運動ができる、歌がうまい、絵が描ける、

 

と人生得をすると信じていて、3年生くらいから「今からやっとかなきゃ!」って気持ちに駆られ、特別合唱クラブ(4年生から入れる)入部。ミニバスケットボールクラブに入る傍ら、自分で走ったり縄跳びしたり。そしてひたすら漫画と読み、真似るをしてた。

 

おかげで今もたま~に結婚式のウェルカムボード作りをさせてもらったり、社会人になった後もよさこいチームで踊ることができた。

 卒業文集には尊敬する人「尾田栄一郎」って書いて、コミケへ参戦してタウンページみたいな分厚いカタログ持ってウハウハしてた。

 

 

あの時はなんの疑いもなく3つのことを信じて猪突猛進だったなぁと。そしてそれをできたのは親の理解があったからだとつくつづく思う。

 

雨の日に「走りに行く!」ってビジョビジョで走って、次の日高熱で学校休んだ日も「昨日の雨ランが原因ね」と一言言って、嫌な顔せずに看病してくれたお母さん。貴重な休日に未成年を連れて、はるばる東京ビッグサイトへ来て分厚いカタログやグッズを持たされ、それでも「来年はどうする?」と聞いて来てくれたお父さん。女一人でインドへ行かせてもくれたし。

 

でも実際そのありがたさに気が付いたのは、高校生以降だったと思う。

 

 

今回言いたいのは、子ども自身の気づきは忘れた頃にやってくるということ。

 

 

手紙を送り合いが、メッセージの送信になり、ほぼタイムラグなしでコミュニケーションができるようになり、注文した商品が即日中に届き、調理の課程を減らした中食がブームになったり。いろいろなことが時短化されているけど。

 

物の価値や意味、ありがたさなんて後々経験を重ねて分かること。

 

去年から噛み付きが止められなかった児から今日「噛んだらいたいからダメなんだよねぇ」の一言を聞くことができて「やっとかぁ~」「先生ずっと言ってたじゃん!」という思いと「good job!」で、なんとも嬉しい仕事終わりでした。

 

f:id:mekabu6256:20180628224616j:plain

嬉しくて久しぶりに真面目にお絵かき。ママの化粧品でいたずらしてた甥っ子。

あー楽しい。