とことこ保育

人生で間違いなく大切な乳幼児期

効率が良いってなんだ?

f:id:mekabu6256:20191102193856j:image

英語の学習という点において、私は結構アナログです。いまだに手書きの単語帳を作っていますし、日頃利用しているアプリはpodcastsとTEDICTくらい。 


単語帳に書いてある単語は、私の実体験とダイレクトに繋がっているので、勉強としてではなく経験として学んだ単語を見返すことができ、単語を思い出す時は経験がセットです。


そして同じ単語が何回も出てきます。一度書き込んだ単語でも会話の中で出てこなかったり、見返して"これを使えばよかった"と気づいた場合は再度書き込む。学んだ単語を活用することができなかったというネガティブなところも含めて、英語と向き合う自分の体験としてこの単語帳に反映させています。

 


タップひとつで単語を保存してくれて、学習時には自動的にランダム再生して学び直せるアプリなどに比べると、確かに時間も手間も掛かりますが、いろんなものに手を出してみた結果この方法が自分には合っていると感じたのでひとまずこのやり方を貫いています。過程も含めて、記憶に残りやすく定着させるという点では効率的だと考えています。

 


そう考えると効率が良いってなんでしょうね。


時間や手間を減らす・なくすことだけではない。たとえ時短になっても、本人が目的に近づけていないと感じたら、それは効率的ではなくなる。

 


先日「効率を説く本は、曖昧でザックリしてるものか、具体的すぎるものか両極端」と感想を述べている友人がいたのですが、そうあって間違いではないのかなと感じます。"効率が良い"の意味はそれぞれ異なり、具体的な方法を完全コピーしてみるのも、書籍からランドマークになりうるヒントを見つけて点と点を繋げる作業をしてみるのも、両方やってみるのも、やらないのも、それらの選択も含めて自分ですね。


自分で考える力。
自分なりの学習方法を編み出す力。


それをつけるためには時間を掛けて試行錯錯誤してみることも必要だなと感じます。

 


子どもたちと過ごしていると、どうしても結果を先走ってしまう瞬間があります。

 


先回りして経験を顧みて
「この前◯◯だったでしょ。」


経験の多い保育者です。
「◯◯は〜だよ。」
「それじゃなくてこっち。」


よく保育者向けの雑誌やSNSの投稿でも見かける話です。知っている・理解していることと行動のギャップをどれだけ埋められるかが、残り2ヶ月でより詰めたいところですね。

 

f:id:mekabu6256:20191102194526j:image

今日はサバイバルナイフの基礎講習を受けてきました。そしたら主宰の方が子どもたちにアウトドアスキルを伝えながら"自然欠乏症候群"について広めている方でした。


動くと繋がりますね。