とことこ保育

人生で間違いなく大切な乳幼児期

イベントを通して感じた自分の特性と向き合ってみた話。

 

f:id:mekabu6256:20190807203552j:plain

Kids Fes 2019 終了しました!

チラシの発送準備、前日準備そして当日と関わらせていただきました。運営の方々、出展の方々、参加してくださった皆様ありがとうございました!

今回、イベント運営を主導する人たちのはたらきを間近に見て、考えを垣間見えれたことがすごく刺激的だったと同時に、誰かと新しい出会いを構築したりすることが苦手だなという自分の再発見もできました。

 

今回はイベントに対するコメントではなく、運営サポートという経験を通して見つけた私自身に対する考察です。

 

 

この間twitterでつぶやいた時もいろんな方から反応をいただきましたが、

f:id:mekabu6256:20190807203721j:plain

自分から出向いた出会いは両手を広げて迎えることができるのに、自分の予想外のところから来る出会いにはめっぽう弱い。

・4人以上になると誰と話せばようのか分からなくなり孤独です。

・誘われても親しい人としか夜飲みに行ったりしません。

・集団で過ごす時間と同じくらい一人の時間が必要です。

・頼まれたタスクが終わったら直帰。ごはん?基本行きません。必要とあれば食事もタスクに入れて下さい。

 

 でも、大きな経験を共有したり、必要としてくれているなと感じる人のところには全力で引っ付いていきます。

 

これが私のバランスです。いろんな付き合い方があります。

今ありがたいと思うことのひとつに、このような関わりを否定する人が周りに少ないことがあります。すべての人がこのような態度であるわけではありませんが、以前は体育会系のところにいたので、

「マジ?」

「なんで?こいよ」

「(他のメンバーに向けて)おい!真由子こないってよ!(周りから説得にはいる)」

「お酒入ると大変なんだよね。なんかあったら守るから」

 

・・・・守るくらいなら帰してくれ。

・・・・なんて窮屈なんだろう。

と思う場面も多々ありました。でも、こんな自分も好きでこのままの自分でいいやーとずっと考えていましたが、最近イベントの場に立つと、

 

「もっと話せたら」

「どうやったら自分が伝わるか」

とも考えるようになりました。環境ってすごいね。

 

 ここまでくるとネットを検索すれば、引っ掛かりそうな病名がありそうですが、大切なのは病名を明らかにすることではなく、そういう自分の特性を分かった上でどうやって付き合っていくかだと思うので詮索もしなければ、他人に問いかけたりもしません。

 

そんなこんなな私です。

さぁこの夏はジワジワといろんな気づきがありそうな予感!

ニューヨークの日系幼稚園に務めるYukiちゃんとの共同主催のイベントもまだまだ参加者募集中です!引き続きどうぞよろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【Kids Fes 2019 ーまなびを学ぶ、学ぶをまなぶー】

開催日時:2019年8月23日(金)18:30~20:00

開催場所:サニープラザ新宿御苑803

    (東京都新宿区新宿2-2-10)

アクセス:新宿三丁目駅 徒歩5分/ 新宿駅 徒歩9分

入場料金:無料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

hoikutogether.hatenablog.com