とことこ保育

人生で間違いなく大切な乳幼児期

嬉しい出会い

 

先日参加した保育フェアのことをシェアしました。

 

彼女と出会ったのは、"保育の専門性を高める会 -Education Journeyー ICT化&働き方改革”というセミナーでのグループワーク。柔らかい人柄に惹かれて 後日お会いすることに。

 

彼女が働くのは、海と山が近くにあり、登園して朝の会の後は海に直行して遊ぶ、山へ出かけるという森のようちえんを実践する保育園。

一方私の勤めるところは、体操や音楽の時間などプログラムが組まれていて、子どもたちと話し合って順番を変えたり、内容を変えながら行う謂わゆる教育を重視した保育園。

 

まったく違う環境で子どもたちと過ごしているけど、保育フェス内容や日々の保育を話す中で共感できることも多く、 12歳児の話は思わず頷く場面が多々。違う環境下での保育をシェアする中で「やっぱり!」や「ですよねぇ」がとっても嬉しかった。

 

いろいろお話をさせてもらう中で、子どもたちに身につけて欲しいものに”自分で考えて、決めて、行動する 自立心” があがった。

 

この力を養うために、この保育は良い悪いということではなく、子どもたちがそれぞれ、自分の育った園生活を幻影風景に力強く立って欲しいなと。異なった風景を持つことでそれが、助け合うことや多様性を認めることに繋がる。やっぱりいろんな世界の保育やメゾットを知るって面白いなぁと心底感じた日でした。

 

最後は、彼女の保育園が発行する種付きのフリーペーパーをいただきました♪これまた心がほわっとする素敵な出会い。

 

 

そしてこんな貴重な出会いをいただいたイベントはこちらから。

www.aurorajourney.com